淋病が疑われる方へ Archives | 淋病かも、と思ったら

HOME » 淋病が疑われる方へ

淋病が疑われる方へ

性病を予防

性病にかかってしまう人の特徴

性病を予防するためにはまずどのようにしたら性病にかかってしまうのかしっかり理解することで、ここが出来ていなければ何度も性病にかかってしまう可能性があります。

性病とひと言で言ってもいろいろな種類がありますが、一般的によく知られているのは淋菌感染症やクラミジア感染症といったものでしょう。

このふたつの性病の共通点として性行為によって感染する点があげられますが、これは粘膜感染するためです。

それではセックスしなければ絶対に感染しないのかと言われればそういうわけではなく、粘膜感染ですから口から感染してしまう可能性もあります。

たとえば風俗でオーラルセックスをした結果、数日後に症状が出てくることもありますし、ディープキスでも感染するリスクはあります。

よくセックスしなければ感染しないと勘違いしている人もいますが、実際にはオーラルセックスやディープキスといった行為も注意しなければならないのです。

≫ 『性病を予防』

淋菌の治療

淋病の治療はしっかりと

万が一自分が淋病などの性感染症にかかってしまった場合、放置することなく速やかに治療することが重要になります。
性感染症は基本的に放置しておいても自然に治ることはありませんし、中には自覚症状がなかなか分かりにくいケースもありますので、長い時間放置することのないように注意しなければなりません。
とは言え自分が性感染症にかかっていることが分からなければなかなか治療をスタートすることはできませんので、自分が性感染症にかかっているかもしれないと気付けるだけの知識を身に着けておくことがポイントになります。

ある程度どういう自覚症状が出てくるのかが分かっていれば、ふとしたときに気付くことができるかもしれませんし、危機感がある人は定期的に性感染症のテストを泌尿器科などで行っています。
一番良いのはこの方法で、自分から定期的にテストを受けておけば自分が今性感染症にかかっているのかも分かりますし、もしかかっていても早期発見に繋がります。

淋病の治療の進め方

淋病などの性感染症は基本的に継続して治療を進めるというよりは一時的な投薬治療によって完治を目指します。
特に早期発見できればそれほど長い期間治療を継続する必要もありませんので、とにかく早く見つけるというのがもっとも良いことなのです。
淋病の初期症状として男性であればペニスのかゆみや膿が出てくることもありますし、尿道から菌が入ってくるので尿道炎の症状が出てきます。
つまり排尿痛や残尿感を感じることがありますから、心当たりがあれば速やかに泌尿器科を受診してください。
女性の場合は男性よりも自覚症状が薄いと言われていますが、それでも膣のかゆみやオリモノの量が多くなったりするので、そういったことがあれば婦人科を受診してください。

治療をする前提ではなく予防を

そして淋病になってしまったら治療すればいいという感覚ではなく、できるだけ淋病にならないための予防をすることを普段から心がけてください。
自覚症状がないまま進行してしまえば後々面倒なことにもなりますし、身体的な負担も大きくなります。
予防法はいたって簡単で、性行為をするときには必ずコンドームをつけること、そして不特定多数の人と性的な関係を持たないことの2点です。
基本的に感染は性行為などによる粘膜感染ですから、ここを守るだけでかなり高い確率で淋病になるのを予防できますから意識しておきましょう。

女性の淋菌の治療

女性の淋菌の治療

女性でも淋菌に感染する機会はあります。
男性の場合と違って症状が出にくいため、感染に気付きにくいですが、感染が起きているならできるだけ早く治療するといいです。
その方法はどうやるのかというと、まず病院を受診してください。
女性の淋菌感染症は性病科、婦人科などで診察や治療を受けられます。
どちらの病院でもOKですが、男性の目を気にせずに受診したいときなど婦人科を選ぶといいでしょう。
≫ 『女性の淋菌の治療』

男性の淋菌治療

男性の淋菌治療

性行為などを通して淋菌に感染してしまう男性は決して珍しくはありません。
性器にもし淋菌が感染すると、排尿時の痛み、違和感、かゆみ、不快感などの症状のほか、尿道から膿が出るという症状が出る場合もあります。
もし喉に感染すると喉の痛みや違和感、微熱など軽い風邪のような症状となりますが、喉の場合は症状があまりない場合もあります。
このような男性の淋病を治療したい場合、主に病院を利用し、専用の抗生物質を使用することになります。
≫ 『男性の淋菌治療』

泌尿器科での淋菌治療

淋菌に感染したと思ったら

淋菌に感染すると起こるのが淋病です。
男性の性器がこれに感染すると、排尿時に痛い、膿が出てくるなどの症状が強く出るほか、違和感、不快感、かゆみといった症状が出ることもあります。
女性の場合は症状が出ないことが多く、実際に悩まされる機会は少ないのですが、だからといって症状が軽いわけではなく、自然に治るわけでもありません。
長期間感染していると他の病気や不妊につながることもあり、感染したと思ったら早めに治療したい病気です。
≫ 『泌尿器科での淋菌治療』

淋菌検査の流れ

検査ってどうやるの?

淋病かもと思ったら病院で検査を受けますが、このときにどういう検査が行われるのか、感染部位がときに性器になるだけに、患者の方も気になるところでしょう。
流れがわからなくて不安だとなかなか病院に足が向かないこともあるでしょうから、淋菌検査の流れについてご紹介します。

病院を受診

まずは淋菌検査をやっている病院を受診します。
これはどこでもやっているとは限りません。
実施しているのは性病に対応できる病院です。
性病科、性病に対応できる泌尿器科、女性なら婦人科といった病院に行くと、淋菌検査も実施していることが多いです。
実施している検査の内容は各病院のHPなどで紹介されていることも多いですから、そちらで淋菌検査を受けられそうか、事前に確認しておくと安心です。
病院を選んだら受診してください。
予約は不要という病院が多いです。
健康保険は症状が出ていれば適用となりますから、保険証を一応持っていくといいでしょう。
また、なるべく時間には余裕をもって来院してください。
診察終了時間ギリギリの利用よりは、早めに受診した方が希望する検査をきちんと受けられることが多いです。

診察と検査

診察が必要になる病院もあれば、検査だけ実施してもらえる病院もあります。
検査だけ受けたい場合はそのような対応もできる病院を選ぶといいです。
淋菌検査の内容ですが、感染部位が性器になるときは、男女で検査内容が変わります。
男性なら尿検査、女性なら膣内を綿棒でこするという検査になります。
女性の場合は診察台の上で陰部を露出する場合もありますから、着脱がしやすい服装で受診するといいです。
淋病は喉にも感染します。
そちらの検査を受ける場合はうがい液の検査となります。
病院から検査用のうがい液を渡されますから、それを使ってうがいします。
そしてそのうがい液を捨てず、そのまま検査物として病院側に渡すのです。
検査の結果はすぐにわからないことも多いため、その日は検査物を提出して終わりとなることも多いです。

検査結果について

淋菌検査の結果がわかるのは3~4日後となることが多いですが、実際に何日後に結果がわかるのかは検査を受けた病院から聞いてください。
結果のお知らせ方法も病院によって違っており、再診時に結果の説明がある病院もあれば、検査結果はその病院の専用Webページで閲覧可能という病院もあります。
これが淋菌検査の流れとなります。
それほど難しいことはありませんから、気になる症状がある方など気軽に利用してください。

淋菌検査キット

淋菌検査キットとは

淋病かもと思ったらまずそのことを検査で確かめないといけません。
淋病とよく似た症状にクラミジアもありますし、男性の性器で起こる淋病は尿道炎となりますが、これは性病とは関係ない雑菌で起こることもあるのです。
そのためまずは淋病かどうかを確かめる検査が必要になるものの、このときには淋菌検査キットを使う方法もあります。
≫ 『淋菌検査キット』

淋菌によるかゆみ

淋病になるとかゆい?

淋菌に感染すると淋病となるのですが、男性はこれに感染すると比較的多くの症状がでます。
その中の一つがかゆみとなっています。
陰部に感染したとき厳密には尿道で淋菌が増殖するのですが、するとこの尿道でかゆみが出ることもあるのです。
しかし尿道は体内を通っており、外部からは見えませんし、直接触ることもできません。
かゆみがあるからといって直接患部をかくといった対応は難しいのです。
それでいてかゆみはずっと続くわけですから、体内がずっとムズムズするような症状が続く形となり、不快感の強い症状となりがちです。

かゆみ以外の症状が出ることも

淋菌に感染するとかゆみ以外にもいくつかの症状が出ることがあります。
排尿時の痛み、違和感、不快感、尿道からの膿といったものです。
クラミジアの経験がある方は似た症状と思うかもしれませんが、排尿時の痛みについては淋菌に感染したときの方が比較的強い傾向があります。
男性にとっては気になる症状となることも多いです。

なお、これら症状はどれも男性特有のもので、女性が感染したときはほとんど症状が出ないことも珍しくありません。
とはいえ、症状が出なくても淋菌に感染していると性病になっている点は変わりなく、性行為などを通して他人にうつすリスクもあります。
いろいろな症状が出る男性の場合、淋菌に感染したことに早く気づきやすいということでもありますから、症状に気づいたら早めに治療を受けるといいでしょう。

淋菌に感染したあとの治療

体の異常に気づいたらすぐに病院を受診してください。
風邪なら自然に治ることも多いですが、淋病は自然に治ることは基本的にありません。
病院で検査を受けて淋菌の感染を確認し、この菌に効く抗生物質を使えば淋病が治ります。
ずっと続いていた不快感も次第に治まっていきます。
たとえば尿道に出ていたかゆみなども治まります。

早く不快な症状を治すために早く薬が欲しい方も多いでしょうが、その薬をもらうためには検査を受けないといけません。
淋菌に感染すると先にご紹介したような症状が出るわけですが、それら症状だけで淋病だとの診断は医師でも出せないことが多いです。
診断のためには検査を受け、淋菌の感染を客観的に確かめる必要があります。
それが終わって正式に感染が確かめられたら薬の処方となるため、治療開始までに少し時間がかかる場合があります。
ですからもし尿道のかゆみなど、淋菌の症状に気づいたら早めに病院を受診するのがおすすめです。

淋菌に効く薬はあるの?

淋菌の治療法

淋菌とは淋病の原因になる細菌のことで、これが体内に入ると淋病になる可能性があります。
淋菌が体内に入るのは菌を持っている相手との性行為などとなります。
一度そうなってしまった場合は治療が必要になりますが、これに効く薬がありますから、病院を受診すれば問題なく治せる場合も多いです。
淋菌に効く薬とは抗生物質になります。
この菌に効く種類の抗生物質がありますから、それを使用して淋菌を殺していくのです。
≫ 『淋菌に効く薬はあるの?』